新築一戸建ては建売・注文どっちがおすすめ?

このサイトを見てから決めても遅くはない!

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅のメリット

注文住宅のメリットはとにかく自由度が高いことです。

間取り、内装、外装、すべてにおいて建築法の許す限り自由に家を作ることが出来ます。
人と違う個性的な家に住みたいという願いもかなえることが出来ます。
それだけではなく、趣味の部屋を持ちたい、家族構成に合わせた間取りにしたい、家族団欒を大事にしたいなど、人それぞれの希望に沿った家を建てることができます。
さらに、好みのデザイナーや設計士がいる場合には依頼して理想どおりの家をつくることができます。

費用に関しても、低予算を優先してシンプルな家にしたり、こだわりの場所だけグレードアップするなど、自分で選ぶことが出来ます。
そしてそのように手に入れた家に対して、満足感や充実感を味わえるのも一つのメリットです。

注文住宅のデメリット

注文住宅のデメリットはまず1つは労力と時間がかかること。
土地の購入や設計、内装など打ち合わせの数もすごく多く、細かな事をすべて決めなくてはいけません。

また、打ち合わせをしても素人の希望を取り入れている以上は機能的にも、見た目にもプロが考えたものより劣ってしまう場合もあります。
例えば、壁紙を小さな見本を見て依頼するのですが、実際に広い範囲に貼ってみるとイメージが違う、キッチンに自分の希望を取り入れると動線が悪くなった、などトラブルが色々あります。

予算に関していうと抑えることも可能ですが、見比べていくうちにグレードの高いものを選んでしまって予算オーバーしてしまうか、妥協したグレードのものを選んで不満が残ることも多々ある話です。

入居時期に関しても早くても4~9ヶ月、土地を探すとなるとさらに時間がかかってしまうことも考慮したほうがよさそうです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る