新築一戸建ては建売・注文どっちがおすすめ?

このサイトを見てから決めても遅くはない!

建売住宅のメリット・デメリット

多くの人にとって、人生で一度きりになるであろう大きな買い物である自宅物件の購入。
楽しみも多い分、一生暮らしていく家に対して失敗してしまったら…などの不安も多いことと思います。
中でも新築物件の購入はとても夢のある話です。きれいで真新しい家の購入を希望している人は多いでしょう。

しかしながら、実際に家を手に入れるためには、たくさんの面倒な手続きをしなければならず、決めることがたくさんあります。
場所や物件、ローンなどの支払いなどの大きなことから、家具や配置などの細かなことまで、大変な時間と労力が必要です。
特に新築物件ではさらに選択肢は増えていきます。

新築物件を購入する際に、場所や予算など決定的なことを決めたら、次に選択することになるのは、「建売住宅」か「注文住宅」のどちらを購入するかということです。

この二つの住宅では、間取りや費用、入居時期、仕上がりなどに大きな差があり、自分がおかれている状況や生活様式、性格、家族構成、予算などを考慮して選択する必要があります。
しかし、この選択を誤ると途中から変更することは簡単ではありません。
特に途中段階では楽しみが勝っていて気にならないことでも、実際に住んでみてから後悔することもあるようです。
後悔しない為にも最初は肝心ですので、慎重に決めていきましょう。

このページでは、二つの住宅それぞれのメリットやデメリット、それぞれの住宅を選ぶのに向いている特徴を詳しく説明していきますので、見比べて参考にしていただけたら幸いです。

TOPへ戻る